« DELL New XPS13(9350)レビュー[13インチ史上最少最強ウルトラブック!!・Windows7最後の名機] | トップページ

Lenovo MIIX 3(80HV0055JP)レビュー[今あえてWin8.1・Office付・格安タブレットしかもWUXGA]


Lenovo MIIX 3(80HV0055JP)を語ってもよろしいか。


今回購入したのは、10.1型ワイドキーボード付タブレット、Lenovo MIIX 3(80HV0055JP)です。


実は、一世代前、2015モデルなんです。いわゆる型落ちですね。それ故に、約4万円弱と非常に安く購入できましたよ。


そして、購入の決め手となった、Microsoft Office Home and Business 2013のキーカード。実は、コレが本当に重要事項なんですよね。

Windows10になってから、10.1インチ以下のディスプレイ内蔵PCには、いわゆるフルスペックのOfficeはバンドルできなくなりました。これには、パナソニック特例がありますが、そもそも、パナソニックは格安PC作っていませんからネ。


ACアダプターは、格安タブレットにありがちなところのモノです。あくまで、俺環ですが、iPad miniのアダプタで充電できましたよ。

Lenovo Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載をアマゾンで買う!!

 

Lenovo MIIX 3(80HV0055JP)の諸元

・Windows8.1 Update with Bing(32bit)
・AtomZ3735F(Bay Trail・1.33GHz~1.83GHz・SDP2.2W)
・メモリ:オンボード2GB
・ストレージ:64GB(eMMC)
・microSD
・10.1・IPSタッチ・1,920×1,200(WUXGA)
・microHDMI
・microUSB2.0×1
・USB2.0×2(キーボードドック装着時)
・IEEE802.11b/g/n
・Office Home and Business 2013
・タブレット:幅256.8mm×奥行き172.1mm×高さ9.3mm・549g   
・タブレット+キーボードドック:幅261.1mm×奥行き189.5mm×高さ9-19mm・1.049kg


カテゴリー的には、専用キーボード付タブレットですね。

そもそも、日本人は、Windowsタブレットが欲しいのではなく、小型ノートPCが欲しいんですよネ。Windows8以降、VAIO-Pのような超小型PCがなくなりましたので、仕方なく小型タブレットを選択セざるをエないというのが本音なんですよね。


タブレット単体ではコンナカンジ。箱から出したら、まず、周囲に微妙な浮きや歪みがないかチェック。初期不良対処は早めでないとエライメにあいますからね。


キーボードとは物理的接触タイプ。Bluetoothでない分、起動時にキーボードが認識しないというトラブルに見舞われるリスクは軽減されます。


いわゆるヒンジがないのが結構残念。ヒンジがついていれば、鞄から出して、パカっと開くだけですが、これは、ガコっと差し込む必要があります。




キーの配列には慣れが必要ですが、同じランクのタブレットに附属しているキーボードのなかでは、非常にしっかりとした打鍵感があって、上からタブレットの重みで押さえつけるような安定感がありまして、少々強く叩いても、バコバコ音がしないという点では、本機がイチオシであります。



本体とはマグネットで固定されますが、端っこがビミョーに浮いてしまう場合があります。キーボードを認識しない原因になるので、キッチリはめる癖をつけるべしですね。


キーボードの両サイドにUSB2.0端子があります。コレ、アドバンテージがあります。マウスやプリンタの接続にベンリです。Mobile用途よりも、ディスクサイドに置いて、サブノートとして利用する方法がアリだと思います。

ただ、半カバーがついていますので、少し本体を浮かせて装着する必要があります。





横から見ると、楔型をしています。鞄にスポっと入れやすい構造ではあります。

Lenovo Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載をアマゾンで買う!!

 

Lenovo MIIX 3(80HV0055JP)のパフォーマンスチェック



スペック的には、格安タブレット横並び状態で特記すべき事項はありません。容量が64Gあるのはイイことですね。

Lenovo Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載をアマゾンで買う!!

 

選択の決め手、フルHD超え(WUXGA)・1,920×1,200


同じクラスの10.1インチタブレットは、1280×800が主流ですが、本機は1,920×1,200(WUXGA)と高精細なディスプレイを搭載しています。デフォの設定では、上の表示領域です。



ディスプレイの表示倍率を変更することで、文字が潰れずに表示領域が広がります。エクセルの表を俯瞰するのにイイんじゃあないでしょうか。

エクセルの場合、現実的には、デフォルトの表示にしておいて、スライドバーでセルの表示倍率を変えるという方法がよいと思われます。

Lenovo Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載をアマゾンで買う!!

 

ライバル機(10.1インチキーボード付タブレット)との比較


同じく、Office Home and Business 2013附属の10.1インチタブレット、HP Pavilion x2 10-n011TUと並べてみました。



本機は、ヒンジがないので、ディスプレイの角度が変更できません。そのかわり。キーボードの端に支点がないので、安定性は抜群です。とくに、キーボードがテーブル面から浮き上がっていないので、安定性がありますし、キーを強く打ったときの、たわみとかバコバコ音がしません。キーを強く打つ癖のあるヒト向きですよね。


厚さはほとんど同じ。


奥行きは、本機の方がありますが、幅は本機のほうが少し短いですね。


本機のほうが垂直に近い分、視認性は不利な場合があります。


ヒンジなしですので、キーボードをつけたままタブレットという使い方はできません。



同じ10.1インチタブレットですが、キーボードの配置に癖があります。

一般的なキーボードが6段であるのに対し、本機では5段になっていまして、ファンクションキーと数字キーが兼用になっています。

また、幅を削ったために、キーサイズが均一でなく、微妙に小さいものがあったりします。少々の幅を犠牲にしたために、せっかく良い打鍵感があるのに、非常にもったいないところであります。

Lenovo Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載をアマゾンで買う!!

 

Lenovo MIIX 3(80HV0055JP)の利用シーン


正直なところ、モバイル用途にはあんまり向いていないんではないかと思います。むしろ、ディスクワークのサブ機としての利用。

例えば、マカーな仕事をしているひとが、メールに添付されたOfficeファイルを編集する必要があるとか、プリンタサーバーを兼ねるとか、そういったシーンにイイんじゃあないでしょうか。

これは、あくまでも、フルスペックのMicrosoft Office Home and Businessが使える超格安ノートPCとして捉えると非常にオススメな機種であります。

また、外部ディスプレイを接続して、Thin client的な使い方もアリだと思います。

Lenovo Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載をアマゾンで買う!!

 

Lenovo MIIX 3(80HV0055JP)使用時のヒント

Miix332
初回起動時の空き領域は48.5GB。一番下のチェックをはずして、インデックスサービス切りはオススメの設定です。インデックス解除に数時間かかることもありますが、ネットに接続する前に済ませておくことをオススメします。

たまに短時間しか使用しないような使い方の場合、使用中にこのサービスがディスク全スキャンして、インデックスを再構築スル場合がありまして、一時的にパフォーマンスが激しく落ちることがあります。


キッティングデータは昨年9月。ざっと見たところ、即Windows10シロシロ攻撃が始まるようにはなっていませんでした。


レノボといえば、アレ、念のためチェック。結果シロでしたよ。



しかし、フィードバック的なモノがありますので、不安ならば、アンインストールしましょう(ちゃんと、アンインストールできる仕様になったというところは評価できますよねW)。

実務的には、Lenovo Updates以外のLenovo謹製ソフトをネット接続前に全てアンインストール。ネット接続後にLenovo Updatesで最新状態に更新した後、これもアンインストール。その後、CCleanerでレジストリを掃除すればよいと思います。

と、ゆーことで、シロシロ攻撃の期限がすぎる7月30日まで時々充電しつつ眠りにつかせましたよ(爆)。

Lenovo Miix 3 80HV0055JP/Microsoft Office Home & Business 2013搭載をアマゾンで買う!!

|

« DELL New XPS13(9350)レビュー[13インチ史上最少最強ウルトラブック!!・Windows7最後の名機] | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事