« 気の早い桜 | トップページ | 琵琶湖線を疾走するサンダーバード »

カシオ コンパクトデジカメ EXILIM「EX-Z400」レビュー(2)

語ってもよろしいか。

カシオのデジタルカメラEXILIM(エクシリム)のレビュー第二回目です。

この記事は、B-Promotionのモニタープロモーションでして、前回から三回にわたってこのカメラの機能についてレビューすることになりましたその二回目ですね。

前回、第一回目のレビューでは、とりあえずさわるというカンジでしたですね。

とりあえず、ペンギンの切り抜きには成功しましたが、背景がイマイチでしたので、ペンギンを飛ばした感がなかったですね。

と、ゆーことで・・・。

神戸空港
神戸空港にやってきましたですね。

そう、飛ばすんだったら、やっぱ空港・飛行機を背景っしょ?

うーん・・・。イマイチ・・・。

背景と動画のアングルが違うと、違和感が出てクルんですね。

と、ゆーことは、アングルにアウ背景画像を撮影することと、ほかに、アングルを想定した動画を撮影し直すのが次のステップということですね。

と、ゆーことで、天気のよい日に再び王子動物園に行きまして、動画撮影に再挑戦ししたですね。

例によって、パラパラ動画をカメラ本体で作ることができるという、ダイナミックフォトという機能を利用して動画にしましたですね。

Mymovie1
ブランコは失敗しましたですね。
固定しも、背景の切り抜きには失敗しています。

ちなみに、ヒドイコマはパソコンサイドでメモリー上から削除すれば飛ばして再生することができますですね。

つまり、20コマより少なくなりますが、違和感は少なくなるということです。

Mymovie2
コースターで挑戦しました。
コレなら、なんとかなりそうですね。
でも、影の部分は、ヌケが出てしまいます。

動画部分を撮影するときのコツは、とにかく、背景と対象との色の違いを大きくすることですね。

また、影の部分は切り抜きに失敗しやすいということにも注意しなければいけません。

更に、対象の色に「灰色」は適さないということです。

と、ゆーことで、合成したのがコレ・・・。

動画の位置をビミョーに調整して、右のマンションの奥に消えるというシチュエーションにしてみました。

この、ダイナミックフォトという機能を利用すると、GIFアニメーションにもすることができますので、ケータイの待ち受け画像とかにも応用できますし、ほかにも、各種ファイル形式に対応していて、最新のケータイやパソなんかで再生が可能になるのがウレシイですね。

さて、背景の件ですが、やっぱし、本格的にやらにゃあイカンということで、少々遠出しました(結構コストかけてなすよぉ~)。

墨田川沿いの、某ビール会社の金のウ○○の上を飛ぶペンギン!!

うーん・・・。

やっぱ、どこかの上を飛ばすとなると・・・(〃´・ω・`)ゞ

富士山!!ε=┌( ・_・)┘

ヲヲ!!やっぱ、富士山だとソレっぽくなりますですね。

サスガ!!富士山は、リーサルウエポですね。

ところで、背景も動画も本機で撮影されていて、かつ、メモリ内にないと合成できないという条件があるんですが、後で考えてみれば、少々画像は劣化しますが、他のカメラで撮影した画像でも、プリントアウトしたり、ディスプレイに表示して撮影すればよかったんですね~。

ま、とにかく富士山の画像が入手できましたので、これを利用してオモシロイモノを次回作ってみたいですね。

そして、出来た画像は、3月19日(木)にOPEN予定のダイナミックフォト投稿サイト「ダイナミックコミュニティに応募するベシですね。

作例は、サンプルギャラリーにあれこれありますので、参考にするのもよろしいでしょう。

富士山を背景にした「日本一のすべり台」は、オモシロイアイデアですね。
富士山の背景をゲットしていますので、コレで、似たようなシチュエーションにチャレンジしたいですね。

ほかにも、グリーティングカードなんかは、背景用に花なんかを撮影しておくのもイイでしょう。

ところで、背景を撮影するということは、このカメラの静止画の実力も知っておく必要がありますですね。

Grand_china04
Grand_china05
Grand_china06
神戸空港で昼食をしたときの写真です。
寄りは、10㎝ということで、やや不満はありますが、充分使えそうです。

Furacci07
芦屋のマクロビカフェにて撮影。
サッと出してサッと撮ってこの実力なら申し分ないですね。

発色も、印象的なカンジの仕上がりになっています。

ほかにも、ベストショット機能を利用してあれこれ撮影してみましたですね。

Hana01
Hana02
Hana03
花は、こんなカンジになります。
蓮の花を上から撮影すると、なんとなく使えそうなカンジに仕上がりましたですね。

Hana04
Hana06
鳥はこんなカンジになります。

いずれも、神戸花鳥園で撮影しました。

ほかにも、あれこれ使えるシーン機能があります。

Yakei01
フツーの神戸の日没シーンも・・・。

Yakei02
カメラだけで、こんなカンジに撮影してくれます。

Yakei03
コレも・・・。

Yakei04
こう写してくれます。

Yakei05
これは・・・。

Yakei06
こうゆー具合に、シーン設定さえしておけば、勝手に撮影してくれるんですね。

ほかにも・・・。

Yakei07
Yakei08
Yakei09
神戸の博物館もこんなカンジで撮影できます。

しかも、三脚で固定せずに、手持ちでこれだけ撮影できるとは、タダモノではありませんですね。

Yakei13
こんなフツーのカンジでも、夜景モードにすると・・・。

Yakei14
ヲヲ!!イケてるカンジに仕上がりましたですね。

これが、タバコサイズのコンデジ撮った写真とは誰も思いませんですね。

EXILIM「EX-Z400」を楽天最安値で買う

キャンペーンバナー

カシオ EXILIM(エクシリム)「Z400」

|

« 気の早い桜 | トップページ | 琵琶湖線を疾走するサンダーバード »

ツール」カテゴリの記事