« 日本最低速の道路標識 | トップページ | 蟹の上手なさばき方 »

パソコン修理のヒント

語ってもよろしいか。

先日、パソコンの修理を依頼されてのこのこ出かけてきました。

とりあえず、電気店で待ち合わせて、オススメのパソコンをば、見せておきましたですね。

iconiconVaio type J icon

Sony Card(ソニーファイナンス)ソニースタイルでお買物すると3%OFFになるカード!がオトクですね。

今、調子の悪いのが、VAIOの4年程前のボードPCですから、買い換えには10万以下でも買えるというと、コレがオススメということです。

何故、修理に行くのに、事前にオススメPCを見せるかって?

もし、直らなかったら、ヲヤジが引き取って、魔改造機にしたいなぁとかね、へへへ・・・。

ま、メーカー修理に出すと、結構修理代かかりますしね、ディスプレーだと、新品買ったほうがイイ価格になりますもん。

それはさておき、電源を入れて、起動しないまま、スグ電源が落ちるという症状でして、BIOSすら起動しないということは、どこか、ショートしているかも・・・というカンジが濃厚でしたですね。

まずは、ガワを開けて、様子を伺うことにしましたですね。

四年も使っていると、キレイな部屋でも、浮遊する非常に細かなワタボコリがあちこちに詰まってたりするもんです。

まずは、そんなこんなを拭き取って、じっと観察していたヲヤジが言ったのは・・・。

「爪楊枝ありますか?」

つ、爪楊枝って・・・( ̄ω ̄;) ・・・。

いや、ネ、最先端機器といいましても、極めてアナログなモンが有効なんですよ、基盤に付着している物体とか取り除くのにね・・・。

今回は、メモリの基盤の配線をまたぐように、小さなゴミと非常に細かなワタボコリが付着していまして、更に、ソケットにきっちりとはまっていないというか・・・ごくごく少し左に傾いているというか・・・。

メモリソケットがやたら硬くて、ちょっとナナメに刺さっているようでして、慎重かつ強引にウリャウリャして引き抜きまして、基盤を掃除して、ソケットの方も、爪楊枝で溝をウリャウリャして、差し込もうとしましたが、片側がやたら硬いのなんのって・・・。

アタリを見回すと、竹べらのようなものがありまして、それで、上から、均等に圧のかかるようにメモリーをガスっと半ば強引にはめまして、通電してみました。

電気キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!!

無事何事もなかったかのように起動いたしました。

ナニカのショックで、メモリーがソケットから浮いたところに、ホコリとかがかかって、接触不良を起こしていたのが原因のようでした。

結果として、オサガリは頂けませんでしたが、オイシイ鯛鍋なぞをハグハグさせて頂きまして、結果ラッキー。

そう、爪楊枝で鯛を釣ったようなもんでしたですね。

巷では、S○NYタイマーとかいう言葉がありますが、近頃はそんなことないですよね。

だって、そんなこと発覚したら、リコールに発展しかねないですから、メーカーさんも慎重に作っておりますですね。

ヲヤジの今使っているパソは通称世紀末VAIO、Windows2000搭載で現役バリバリですもん。

やっぱし、パソコンを長く使うコツは、分解掃除でして、年に一回は、ガワ開けて、ホコリを取り除いて、ソケットのゆるみとかチェックすることですね。

ま、長く使えるということは非常にありがたいことでございます。

Sony Style(ソニースタイル)

|

« 日本最低速の道路標識 | トップページ | 蟹の上手なさばき方 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事