« 初蝉 | トップページ | 富士山で富士山を食す »

富士山ちょびっと登山

語ってもよろしいか。

先日の三連休で富士山にちょびっと登ってきました。

金曜の夜、大阪を車で出発しまして、名神・新名神・伊勢湾路・東名と高速を乗り継ぎまして、御殿場インターからは、国道138号線を経由して、富士五湖道路に入る頃には、うっすら明るくなってきました。

Gogo
天気はよさそうですが、ご来光には間に合いそうにありませんですね。
関東は日の出が関西よりもかなり早いんです。

Gogo00
富士スバルラインを登っていきますと、だんだん景色がよくなってきます。

Gogo01
Gogo02
五合目のなり手前で、車を止められました。
すでに、五合目の駐車場は満杯なので、ここに車を停めて、ここからは、徒歩若しくは無料のバスで移動せよとのことです。

どうやら、五合目駐車場の停めるには、前日の深夜~午前三時ぐらいまでの間に来なくてはいけないそうです。

無料の送迎バスは午前六時にならなければ来ないそうで、時間があるので、ダラダラ坂を登っていきました。

Gogo03
天気はよかったんですが、ときおりガスってきたりして、案外涼しいかなとおもったりもしながら、うっすら汗をかきつつ登っていきます。

Gogo04
ようやく、富士山五合目到着。
標高2305m。

いや~すがすがしい朝です。

Gogo05
Gogo06
ほんのちょっと雪が残ってますですね。

Gogo07
五合目の展望台からは、遠く八ヶ岳が見えました。
ホントはもっと、霞んで見えたんですが、コントラストとか色調をいじってみました。
サスガ、レタッチソフトでございます。

Gogo08
五合目は、中央に大きな広場がありまして、周囲にいくつかのレストハウス兼土産物屋がありまして、ここでしばし休憩。

食事は午前八時頃にならなければできません。

富士山頂を目指す方は、ここで、身支度をととのえまして、売店で千円の杖を買います(金剛杖)。
その杖に、途中の山小屋で焼印(有料)を押してもらえるんだそうです。

五合目~六合目間は、馬車で登ることもできまして、そのための馬もいたりします。
モチロン馬糞なんかもありまして、大量の虫が飛び交ってたりするのがトホホです。

犬の散歩に行ったら、糞は飼い主の責任で、その場で始末しなければなりませんが、あちこちに生み立てホカホカのが・・・ってどうよ?

Gogo09
五合目からは、道は舗装されておりませんで、徒歩で登りますが、いちど、なだらかに下ります。

六合目の手前あたりが植物の限界さそうですね。
落ちたら、つかむモノもなくて、かなり下まで転げそうですね。

Gogo10
高度二千mということで、空気はキレイですが、直射日光はキツいですね。
登も結構キツくなってきまして、登山靴じゃないので、歩きづらくなってきました。

Gogo11
上の方に、七合目?の山小屋とか見えますが、今回は、登山が目的ではないので、あっさりとギブアップして木陰で休憩しましたですね。

えっ、六合目まで行ってないって?

根性ないって?

アナタは昔のセメント袋ひとつかついで山に登れますか?

デブは登山にはむいておりませんですね。

ええ、ええ。


大きな地図で見る

|

« 初蝉 | トップページ | 富士山で富士山を食す »

ツアーガイド」カテゴリの記事