« わさびソフト | トップページ | NUTS Crunch Choco »

浅間神社とお宮横丁

語ってもよろしいか。

いよいよ旅の最終目的地、静岡県富士宮市にやってきました。

Omiya2
富士宮市B級グルメの聖地、お宮横丁へ・・・。

富士宮市は地名のとおり、富士山本宮浅間大社がございまして、その参道にあるフードコートがお宮横丁といいます。

後で知ったたんですが、お宮横丁の奥に駐車場がありまして、ソコは駐車場が無料だそうです。

ヲヤジ達は、大社の鳥居の下の有料駐車場(200円)に入れました。

では、お宮横丁であれこれハグハグしたものをばご紹介・・・。

まずは、富士宮やきそば・・・。

Omiya017
すぎ本お宮横丁店のソース焼きそば。
正直なところ、関西人なら、あまりのショボさにがっかりするかもしれません・・・。

Omiya020
Omiya012
むすびやの塩やきそばと団子。
塩焼きそばは、個人的にはアリでした。

団子は、醤油味。
そう、みたらし団子の甘くなく、かつ、とろみがないというイメージ。
これはコレでアリ!!

Omiya009
ポーク神社のルイビトン(るいび豚)。

あまりにもベタなダジャレ過ぎて腰が抜けてしまいそうでした。

味は悪くはありませんが、できれば、ちゃんとした店でちゃんとした調理で食べてみかたったですね。

Omiya026
口直しは、和カフェぷくいちの水まんじゅう。

ひんやりチュルンとしてウマーでした。

Omiya033
富士宮焼きそば学会のアンテナショップとかがありましたですね。

Omiya0
広場には、富士の伏流水がコンコンと湧いておりまして、モチロン無料で飲み放題!!

ま、そんなこんなで、とりあえず、むしやしないが済みまして、いよいよお参りへ・・・。

Sengen01
浅間大社の立派な鳥居をくぐりまして、参道を進んでいきます。

Sengen02
参道には何故か無数のかざぐるまが・・・。
どうやら、富士宮市内の小学生が一万個作ったそうです。

Sengen03
さらに、何故かニワトリが放し飼いに・・・。

Sengen04
よくよく考えて見れば、富士山に登る前に、こちらにお参りした方がよくない?
それも、飯喰ってからってどうよ?

ま、とりあえず、天気に恵まれたことを感謝いたしましたですね。

さて、本殿の横には、国の天然記念物である湧玉池というのがあります。

Sengen05
富士山の伏流水が、年中13℃でこんこんと湧いています。

Sengen06
池の水は東名ですが、一面に茶色い藻のようなモノが浮いています。

Sengen07
横には、その水がジャージャー流れ出ておりまして、タダで汲み放題!!

空のペットボトルにちべたーい水を汲みまして、存分にゴキュゴキュしましたですね。

そして、池の下流で、階段状になった所で靴を脱ぎまして、足を浸しました。

ウヒョー!!チベタ~イ!!

いや、冷たいというよりは、イタイですね。

そんな冷たい川に飛び込んで遊ぶ元気なガキ供にはオドロキでございましたですね。

と、ゆーことで、富士宮市に行くときは、空の水筒と足拭き用のタオルを忘れないようにしましょう。

結構ハードな旅でしたが、大満足の旅でございました。

|

« わさびソフト | トップページ | NUTS Crunch Choco »

ツアーガイド」カテゴリの記事