« 忍野八海とほうとう | トップページ | 白糸滝と奇石博物館 »

鳴沢氷穴と河口湖コテージ

語ってもよろしいか。

富士吉田でほうとうをはふはふした後は、河口湖の宿へ一直線の予定でしたが、まだ時間がありますので鳴沢氷穴に立ち寄りました。

Narusawa01
結構混雑してまして、入口から少し離れた無料駐車場に車を停めることになりました。

結構天気がよかったので、富士のすそ野といえども、結構暑かったですね。

Narusawa02
Narusawa021
そうゆーときこそ、ひんやりしたところへ行きたいモンです。

Narusawa03
氷穴は、少し階段を下りたところにありまして、氷穴の入口は非常に狭くなっています。

ちょっと渋滞しますですね。

そして、結構滑ります。

サンダル履きの方には、無料でゴム長を貸してもらえますが、ナマ足でガポガポするのには抵抗がありそうですね。

ソックス持参がよろしいでしょう。

氷穴内は非常に狭くなっていますので、大人は腹がつっかえたりします。

Narusawa04
氷穴というだけあって、内部は非常にひんやりしています。

奥に氷がありますが、これは、人造のものを積んであるそうです。

でも、再度凍ったような状態ですね。

表面をなでて、しばし、ちべたーい感を味わうことができます。

Narusawa05
こちらの氷柱は天然のモノで、柵があって触ることはできません。

非常に小さな洞窟ですので、そんなに時間はかかりませんでした。

さて、いよいよ河口湖のコテージへと向かいます。

来た道を引き返すのは芸がないので、樹海を抜けて湖の北側を回っていくことにしました。

道は空いていて軽快でしたですね。

今晩泊まる宿は、河口湖カントリーコテージBan といいまして、大人数がリーズナブルな価格で泊まることができます。

今回は友人ファミリー二家族と一緒そいうことで、合計11人ですが、まとめて一棟で充分泊まれます。


晴れたら、こんなカンジ。


室内はこんなカンジ。
ロフトがありまして、ウルサイ餓鬼レンジャー達はココヘ押し込めばイイんですね。

ところで、到着までにひと波瀾ありまして、道に迷いましたです。

カーナビには、電話番号を入力すると、場所をマッピングしてくれるという機能がありまして、そのとおりに行くと、そこは畑だった・・・。

おかげで、あちことウロウロして、コンビニの場所とか確認できましたが、最終的には、ロッジに電話して場所を特定しましたですね。

地方の場合は、念のため番地で確認する必要がアリですね。

Ban
Ban0
ようやく到着しました。
ナカナカオシャレで、キレイなんでアンシンしましたですね。

Ban002
個別にバーベキューコーナーがあるのもナイスです。

食材さえ持ち込めばイイのがラクチンですね。

バーバキューは鯛の塩釜焼きなんかもしまして、非常にリッチでしたですね。

後は、ばたんキューでして、翌日は朝から露天風呂にも入りましたですね。

Ban003
露天風呂は、共同で別料金のうえ、結構狭いんですが、キレイでして、まったりできましたです。

Ban001
結局、ここからの富士の眺めは曇って見えませんでしたが、思いの外キレイだったので、アリでしたですね。

ただ、包丁は全く切れないステンレスの文化包丁しかなかったのがイタかったですね。
100均の包丁とか持参するとイイでしょう。

それと、カンタンな調味料も忘れず持参しましょう。

これから、富士山の西側を回って帰ることにします。

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

家族旅行にうれしいお宿の情報が満載!
【JTB】ファミリー旅行特集

|

« 忍野八海とほうとう | トップページ | 白糸滝と奇石博物館 »

ツアーガイド」カテゴリの記事