« ぷりんどら | トップページ | 道後温泉本館 »

いよてつの湯大幅値下げ!!そして10月30日突然閉鎖!!

語ってもよろしいか。

さて、高知を後にして、目指すは、湯快爽快いよてつの湯でございます。

今年の春にも行きましたが、なかなかリッチな健康ランドでございましたですね。

さて、その前に夕食をと立ち寄ったのが・・・。

シナトラ
半額

総本家 しなとらラーメン 重信店

というラーメン店でして、神戸では聞きませんが、ラッキーなことに、半額セール中!!

らーめんしなとら
愛媛のラーメン
ま、半額でしたので、ウマラッキーでございました。

店の前には。四国初登場の「麺レンジャー」なる痩せたヒーローがおりまして、スーパーボールすくいに餓鬼レンジャーが挑戦しまして、初体験だったので、ヲヤジがみっちりネッチリすくい方を伝授しましたですね。

その甲斐あって、ポイ(金魚すくう紙の輪っかのこと)が破れてもデカイのんをじゃんじゃんすくっておりましたですね。

麺レンジャーはちと、ビビってましたが、一個だけ貰って残りは返しておきましたですね。

このへんはオトナですね(てか、沢山あっても、そんだけ家の中に散乱するだけですからね)。

そんなこんなで、件のいよてつの湯に着きまして・・・。

伊予鉄の湯
どうです、なかなか豪奢な健康ランドでしょ?
廊下が畳敷きデスゼ、奥さん。

で、入館料金を払おうとすると・・・。

ナント!!9月15日(土)から料金大幅値下げ!!

ちょっと、ハンパやない値下げでした。

平日大人1,400円が480円!!
土休日大人1,600円が580円!!
そのかわり、館内着300円・タオル200円
深夜割増料金1,800円が1,000円(但し館内着要)

と、ゆーことで、以前なら、3,400円もしたのが、タオル持参で1,880円ということで、1,520円も安くなってるぅ~。

で、施設は同じだし、館内食堂5%値下げというオマケもついておりました。

さて、今回の異変はといいますと・・・。

45℃という驚異の露天風呂が42℃に下がって、入られるようになった~。

スタッフの数が減って、洗い場でコックローチが出た~。

館内冷房の効きが悪い~。

一階ロビーの冷房が、深夜に切れた~。

スナックコーナーが、食堂終了後でないとオープンしない。
しかも、濃いウーロンハイを含めアルコールと酒のサカナの提供がなくなった~。
アルコールは、自販機のビールと酎ハイのみになった~。

でも、朝のパンとコーヒーのサービスは継続!!

う~ん、極めて暑がりのヲヤジとしましては、冷房だけはなんとかして頂きたいところではございますが、一泊朝飯つきで2,000円で釣がくるのは激安ですね~。

どうか潰れずに続けて頂きたいモンですね。

さて、後であれこれ調べてみましたら、おおよその状況がわかりましたですね。

もともと、ここの場所は「いよてつの湯」という健康ランドがありまして、結構古くからあったようですが、近くに同業者がほかに三軒もあったことから、経営があんまりよくなかったようでございます。

そこで、健康ランド再生を手がけている「愉快爽快グループ」の傘下に入ったようです。
一昨年9月頃のことですね。

その後、大改装をしまして、昨年四月に再オープンしたようです。
愉快爽快グループ独特の豪華な設備になりまして、その分、お値段もリッチになったようです。

ここで、県外の客を誘致する宣伝をネ、たっぷししていればよかったんでしょうケドネ、設備にカネかけ過ぎたのがたたって、予算が少なかったのかもしれませんですね。

でも、リッチになると、地元のリピーターがね・・・ほかにも安いところが近くにね・・・。
ま、立地を省みない経営というか、徐々に客足が遠のきつつ、徐々にサービスが縮小されつつ・・・といった状態のようでした。

で、傘下に入ってから二年が経過した、今月、愉快爽快グループから離脱(見放された?)して、独自経営に戻ったようです。

で、集客の手段に大幅値下げを行ったもんだから、経費も切り詰めなくては・・・という負の連鎖に陥ってきているようですね。

さて、単価が下がると、客層も変わります。
でも、あれこれ工夫することによって、客単価を上げることができるんですね。

例えば、ゲーセンがショボいので、ここを充実させると、結構増収が見込まれるんですね。

UFOキャッチャーとか、スロットとかでついついお金使うもんなんですね。
今のUFOキャッチャーとかショボ過ぎてやる気になりませんでしたから・・・。

ま、それはさておき、潰れずに営業を続けて頂きたいと強く願う施設でございますですね。

2007.11.07追記

どうやら、愉快爽快グループとは別の松山市内の運営会社が経営に携わっていたようですが、経営難から突然閉鎖されてしまったようです。

もともとの所有者伊予鉄は7億円かけて、大改装したうえで、施設を賃貸したそうですが、家賃 が滞納されていたそうです。

一日も早い運営再開を望みたいですね。

※09.05.02、「東道後のそらともり(Tel:089-970-1026)」という施設名で営業を再開したようです。
どうやら、一階の奥に入浴できる個室を作って、宿泊も可能にしたようです。

いよてつの湯
愛媛県松山市南久米町3-1

|

« ぷりんどら | トップページ | 道後温泉本館 »

ツアーガイド」カテゴリの記事