« ある意味Web2.0的? | トップページ | レストランふくしん(σ^∀^)σデカウマのソースカツ丼 »

焼き鯖の次は「へしこ」!!

語ってもよろしいか。

福井ルーツで今や全国区の焼鯖寿司ですが、本家福井県では、次なる商品が開発されていましたです。

その素材は「鯖のへしこ」!!

「へしこ」とは、別名「ひしこ」とも言われていますが、塩をした鯖を糠で漬け込んだ、いわば魚の漬け物ですね。
本来のへしこは、塩分がキツくて、焼くと、モウモウとケムリが出て、ちょっと臭いというもんでしたが、近頃は、減塩とか脱臭技術が発達したようで、ついに押鮨になりましたですね。

Heshi1446
上の写真は、北陸道上り(米原方面)南条SAで見つけました。

Heshi1447

中身は、こんな感じです。
薄くスライスして、炙ってあります。
塩分は薄めですが、へしこ感がしっかり残ってます。
さすが、へしこメーカーの商品です。

下の写真は、北陸道下りり(金沢方面)南条SAで見つけました。

Heshi25

寿司職人手作りということで、こらたはおぼろ昆布で巻いてあります。
真ん中にへしこが入っておりますが、こちらは、へしこのニオイと塩分をとことんまで、減らしたというか・・・。

Heshi26

柚子皮のスライスが大量に入ってまして、逆に柚子の香りがきつくて、苦みさえ出てしまっていますです。
チョット惜しいですが、へしこメーカーと寿司職人という別々のアプローチですので、へしこ萌えの方と初心者の方とで棲み分けができるんじゃあないかと思いますですね。

で、ヲヤジのお好みはといいますと・・・。

Yakisaba_1069
道の駅「みくに」の焼き鯖寿司ですね~。

Yakizaba1000003
付属のナイフで切って、かぶりつきますです。
ラップで密封されていますので、しっとり感がナカナカのモンです。

ネットでお取り寄せは写真をポチとどーぞ。

|

« ある意味Web2.0的? | トップページ | レストランふくしん(σ^∀^)σデカウマのソースカツ丼 »

グルメ」カテゴリの記事