« 越前蟹はぐはぐぅ~ | トップページ | 懲りずに買っちゃいました(~_~) »

福井でポン!!

語ってもよろしいか。

昨日の蟹のレポート喜んで頂けましたか?

なに?ちょっとムカツキ?

ま、それは置いといて、その前後のあらましをばお伝えしましょう。

まずは「越前がにミュージアム」に寄りました。

Img_1038 何となくネ、展示とか、内部の構造のチープなカンジが官臭いと思ってたんですけど、運営は「財団法人越前海遊公社」とゆーところでした。
サイトもやっつけなカンジが滲み出てますですね。
戻るボタンとかHomeボタンがないので、ちょっと困りますです。

Img_1037s 道の向かいで、「アクティブハウス越前」と海の見える露天風呂「漁火」も経営しているようです。

Img_1009_1 ドーム型の水槽、ネットで見ると、いい感じでしたが、ちょっと、規模が小さいですね。
コチが天井にへばりついてたりします。

Img_1010 上を向いてぼーっとしてるのは、メバルでしょう。タブン・・・。

Img_1020s こちらは、タグのついた越前蟹、ウン万円はするデカイ奴です。
小さいのんをつかんで離しません。

Img_1033s こちらのは、メスの蟹を抱っこしているようです。
これってもしかしたら・・・。
丁度時期ですから、水槽で孵化とかしたら世界初とかになるんでしょうか・・・。

Img_1013 よく読むと・・・。
活きた蟹でも輸入されているワケで・・・。
福井県にも活きたまま運ばれてくるワケで・・・。

Img_1017 福井県沖とはどの辺りまでなんでしょね?

ま、官主体の運営ですから正直に解説しているようですが・・・。

うがった見方はしてはいけませんよ~。

で、この後、少し北上して、蟹をハグハグしまして、温泉に浸かって一休み~。

Img_1052s 「ゆけむり温泉ゆ~湯」というところです。
24時間営業で、深夜料金を追加すれば、仮眠室が利用できるんです。
さらっとしたお湯で、小さいながらも露天風呂もあったりしてななかイケてましたです。

駐車場で、地元のおっちゃんが声をかけて来まして、割引券をくれました。
ありがとう、おっちゃん。激しく安かったヨ。
そのおっちゃんを館内で見かけました。どうやらジモティーのようです。

食事のとき焼酎ロックオーダーしましたら、結構グラスが大きくてオトクだったとゆーことで、朝まで爆眠してしまいました~。

Img_1059s 翌日は、東尋坊で朝メシをしまして、蟹ラーメンてのもありましたが・・・。
ま、業務用スープのラーメンに蟹足が乗ってるというカンジのんとか、海鮮系の丼とかハグハグしました。

そして、帰路に忘れてはならないのが 「道の駅みくに」の・・・。

Img_1069 「元祖焼き鯖寿司」1,260円成。

これ、非常に人気があります。
朝11時過ぎで、6個しか残ってませんでした。
と、ゆーことで、全て買い占め( ̄~ ̄)b

いや、ネ、三国行って、これ買って帰らなかったら、友人に袋叩きにあいますからね。
福井県に行って、敦賀とか小浜なら、若狭丸海の焼き鯖寿司。
三国方面ならここの焼き鯖寿司がイチバンんまいんです。

特にここのは、鯖とシャリの間のガリ多めWith大葉がポイント高いんです。
また、チューブ状に密封されていて、付属のナイフで切って食べるようになっています。
モチロン、箸と紙おしぼりも同梱されておりますです。
好みの食べ方は、真ん中から二等分して後から押し出しながらハグハグするというもんです。
こうすると、手が鯖臭くならなくてイイんです。

今回の旅は、これを土産にできたので、行くの内緒にしていた友人もあんまり怒ってないようでした。

|

« 越前蟹はぐはぐぅ~ | トップページ | 懲りずに買っちゃいました(~_~) »

ツアーガイド」カテゴリの記事