« 造幣局の通り抜けの季節ですね。 | トップページ | 花の回廊インフィオラータこうべ2006 »

神戸のビリケンさん

語ってもよろしいか。

神戸のビリケンさんといのをご存じでしょうか。

ちょっと通天閣のビリケンさんとは違うのがわかりますか?

Koubenobiriken

どうです?

ちょっと違和感があるでしょう。

米俵に座って、右手に打ち出の小槌を持ち、右手には宝珠、あげくに現物は光背が大判というなんともユニークな姿をしています。

神戸でビリケンさんといえば、やっぱりこちらですネ!!( ̄~ ̄)ξ

このビリケンさんは、神戸の中央区と兵庫区の境界近く、兵庫区東出町の松尾稲荷に祀られています。

ヲヤジが子供の頃、誰かから聞いたハナシでは、
「昔、元町通の洋食屋さんが、ピリケン(biでなくpi)さんの噂を聞いて、御利益にあやかるべく、レプリカを作ったそうな。
でも、更にご利益があるよう打ち出の小槌、宝珠、米俵、大判を付け加えさせて、客寄せに店の前に置いたんだそうな。
やがて店先には珍しいビリケンさんを見ようと人だかりができるようになったそうな。
めでたしめでたし」

の、はずが、

「( ̄□ ̄;)!!野次馬が多くて、店の入り口がふさがれて、客が入れん」

と、いうことで、ほどなくお役御免に・・・。
で、松尾稲荷さんにお世話になることになったとさ・・・ちゃんちゃん。

いずれにしましても、商売繁盛にご利益がありそうなので、松尾さんでマスコットを分けて頂いてうちの店にお迎えしたのがこのビリケンさんなんですね。

松尾さんにはもう少し小さいビリケンさんとか、キーホルダーとかも売っています。
横浜に済む親友のS君のところの玄関にも飾ってありますが、そこの坊ちゃんが、玄関に行く度に、
「アッ!!おちゃん(ヲヤジのこと)や( ・∀・)」
と、言うそうです。
「なんやとぉ~!!このクソガキぃ~、テメエの生まれたときのんがそっくしじゃ~(―_―メ)」とは、言いませんよ。

さて、そのモデルになったピリケンさんとは・・・。

ハナシはヲヤジの子供の頃に戻りますが、昭和初期以前の生まれの方は

ピリケンさん

と、言っておったような気がします。
そして、西出稲荷のピリケンさん
と、聞いたような・・・。

でも、実際は東出稲荷のビリケンさん
だったわけで・・・。

と、思っていましたところ、

西出町でビリケンさま発見!

という記事を見つけました。
このピリケンさんは菩薩だそうです・・・。

さて、では、この西出ピリケンが東出ビリケンの原型でしょうか?
西出ピリケンは昭和5年製?ということは、東出ビリケンの逸話は確か大正時代とか・・・。

ま、いずれにしましても、全国で今のところ3体しか確認されていないそうです。

東出町と西出町は近いので是非一度お参りしてみてはどうでしょうか。

神戸ビリケン巡礼の旅1

神戸ビリケン巡礼の旅2

神戸ビリケン巡礼の旅3

|

« 造幣局の通り抜けの季節ですね。 | トップページ | 花の回廊インフィオラータこうべ2006 »

ツアーガイド」カテゴリの記事