« 川崎小梅ですが何か? | トップページ | 造幣局の通り抜けの季節ですね。 »

京都で花見

語ってもよろしいか。

京都で花見をいたしました。

題して「それはここへ入れて下さい。イン京都ぉ~」

天気はまあまあでしたし、丸山公園の桜も散り初めでなかなか風情がありました。

が、

京都は超ぉ~満員でした。

京都御所春季一般公開だったんですねぇ。

阪急梅田からお越しのメンバーさんは「始発にもかかわらず座れん」かったそうです。

ヲヤジは約束の時間ギリギリにJR京都駅に着きましたので、タクシーに・・・。
「ごっつい行列でいつ乗れるかわからん」

地下鉄は「切符売り場に長蛇の列でいつ買えるかわからん」

どうにか「するかん(するっと関西)の臨時発売所」を見つけて地下鉄の改札をくぐると、
「階段の途中まで人があふれとるぅ~」

どうにか人ごみをかき分け前に進みますと、見慣れた帽子をかぶった坊ちゃんハケーン!!

思わぬところでM氏ファミリーと合流できて一安心したのも束の間、四条駅で奥様とお嬢ちゃんがなかなか降りてきません。
「入り口付近の明らかに田舎モンの姉ぇちゃんが踏ん張って障害になっていた」ようです。
常識なら、一度降りればスムースなんですが、彼女より奥にいた多くの方が彼女の抵抗にあってなかなか降りられなかったようです。

さて、全員揃って、

大丸の地下で酒を購入。
K氏月の桂(にごり酒)を持って瓶を上下しつつ「ホラ、にごり酒どうよ?」
後で、これがタイヘンなことに・・・。

二半に分かれて、重箱持って錦市場へGO!!
K氏グループは、西の入り口から主に惣菜を中心にスタート。
ヲヤジはM氏ファミリーと、東の入り口まで先まわりして主に寿司・唐揚げ系を中心にスタート。

予定では中央の練りもん屋辺りで合流、こうすれば、食品がダブらず合理的にできるハズであいたが、K氏ぃ~。
アンタ一昨年も参加したでしょ~。

さて、買い物が済んで、目的地八坂神社の奥の丸山公園へ・・・。

四条通りもタイヘンな混雑です。
子供はすでに疲れて飽きてきてます・・・。
ヲヤジの肩から下げてる袋にDちゃんが抱きついたりしています。
「お酒を温めて」くれているらしいですが、これも後で・・・。

さて、花見の場所選びで、重要なことは、

トイレに近くて臭くないところ

ですね。

八坂さんの北側駐車場入り口の上あたりに理想の場所を見つけました。
ちょっと斜面になっていますが、混雑しているので文句はいえません。

さて、花見スタートぉ~!!

皆の買った 重箱を開けると・・・。

合鴨ロース、唐揚げ、玉子焼きがダブってましたぁ~。
合鴨ロースだけで、5千円近い出費に・・・。
ま、いいじゃないですかK氏ぃ~。
反応する食品が子供と同じじゃんK氏ぃ~。

でも、豪華でした。蓋をあける度に「オオッ!!」と歓声をあげて盛り上がりました。
やっぱ盛りつけは店の人に頼むのがよろしいですね。
ちょっとサービスして貰えますしね。

じゃあにごり酒でもどうよ、と、ゆことで栓をひねりますと・・・。
「プシューーーーーっ!!」
あわわ、誰もいない方に向けてキャップをはずすと・・・。
「ブバ~っ!!」
三分の二が飛んでいきました_| ̄|○。

K氏ぃ~瓶振ってたよナ(―_―メ)
Dちゃん~あっためてくれてたよなぁ(―_―メ)

ま、そんなこんなでタノシク花見を致しました。

かなり余りましたが、それぞれ持参した重箱にぎゅうぎゅうして強制持ち帰りということで、これが土産がわりですね。

さて、帰りはあちこち歩き回って疲れたお子さんの面倒がタイヘンということを身をもって知りましたね、

途中、何度か兄ちゃんと体重が同じというPちゃんをおんぶしましたが、これがまた、ずっしりきました。ぴちぴちでみっちり詰まった感じは、まるであんこのみっちり 詰まった聘珍樓の月餅 をほうふつとさせました。

女の子をおんぶするなんて20年ほどまえに当時三才だった姪ッ子以来でした(当時、でぼちんアヒル口くせ毛でしかもヲヤジにそっくし、ダダダッと走ってきて、オジチャン?と言うと、イキナリパンツを下げると、チ○コぉ~ダハハハぁ~。とか言ってた彼女も今では某KO大学の四回生、兄曰くBが2、3個あと皆Aという状態。ってどうよ?)。

ところで、参加者の多いM氏ファミリーは強制持ち帰りも量が多いということで、それだけ重くなりますんで・・・。
結局、三宮のうちの店で残り物一掃二次会を開催しましたが、なかなか減りませんでした。

次回は購入量をとダブりに注意する必要があるということで、意見が一致いたしました。
皆さんも、もしする機会がありましたら、買いすぎに注意しましょう。

追伸、翌日体全身が痛くてなかなか起き上がれませんでした(┬┬_┬┬)。
M氏と奥様の子育て奮闘に敬意を表しますm(__)m。

|

« 川崎小梅ですが何か? | トップページ | 造幣局の通り抜けの季節ですね。 »

ツアーガイド」カテゴリの記事