« 蒲田神社[姫路市広畑区蒲田・雲にのる麒麟像・爺さん狛犬] | トップページ

國王神社[姫路市東阿保・山英保国主明神]


姫路市四郷町東阿保字宮ノ本に坐す、國王神社です。


御祭神:大国主命。

御由緒

創建時期は不詳であるが、口碑によると大国主命が当地を開拓されたので、その徳を称えて氏神として祀るようになったという。 このことから現社名の「国王」は「国主」が誤って伝えられたのではないかをもいわれている。 また、阿保親王の御子在原業平が播磨国司であった時、親王が御子を訪ねて一時この地に滞在したとの伝承もある。 当社の古称を「山英保国主明神」というが、この呼び名は境内神社に「阿保神社」が祀られているところから考えると、これらの祭神の総称であったようである。 境内には他に「事代主神社」があるが、これは大国主命の御子神である関係から祀られたものであろう。 また、河合寸翁が仁寿山北麓に鎮守としていた「玉勝稲荷社」が、近くに火薬庫が出来るというので危険を慮って大正7年(1918)から一時当社の境内に移転していたことがある。その後、これは昭和28(1953)年6月にまた元の地に戻り、今は当社の飛地末社として祀られている。

つまるところ、播磨国内鎮守大小明神社記(播磨国内神名帳)に記載されている飾東郡の山英保國主明神ではないかということだと思いますが、ロケーション的に言って、境内社の阿保神社を持ち出すまでもなく、主祭神こそが、山英保国主明神であろうと思います。

つまり、今でこそ、四郷町東阿保となっていますが、古代には、市川の本流は現在よりもかなり西にあったと思われますので、風土記時代の阿保里の集落は、平地よりもむしろ、この辺りの山際にあったとする方が合理的でありうということです。

姫路市内には、各地域ごとに○○國主明神というのがあったようですが、それぞれの地域の「祖神、国魂神」つまり、「國主」と書いて「くにす」と訓んだのではなかろうかと思いましたよ。


市川右岸の特別養護老人ホームの北側の坂道から入ると、スグのところにあります。


















山の斜面の途中、南向きに鎮座しています。





本来は、特別養護老人ホームの南側、坂の下から参拝するようですね。

ちなみに・・・。

在原業平が播磨国司であった事実は確認できません

日本三代実録

《卷卅七元慶四年(八八〇)五月廿八日辛巳》○廿八日辛巳。從四位上行右近衞權中將兼美濃權守在原朝臣業平從五位上行攝津權守菅野朝臣佐世並卒。業平者、故四品阿保親王第五子。正三位行中納言行平之弟也。阿保親王娶桓武天皇女伊登内親王、生業平。天長三年、親王上表曰。无品高岳親王之男女、先停王號、賜朝臣姓。臣之子息、未預改姓。既爲昆弟之子、寧畏歯列之差。於是、詔中平行平守平等、賜姓在原朝臣。業平、体貌閑麗、放縦不拘。略無才学、善作倭歌。貞觀四年三月授從五位上。五年二月拝左兵衞佐。數年遷左近衞權少將。尋遷右馬頭。累加至從四位下。元慶元年遷爲右近衞權中將。明年兼相模權守、後遷美濃權守。卒時五十六。

|

« 蒲田神社[姫路市広畑区蒲田・雲にのる麒麟像・爺さん狛犬] | トップページ

兵庫県 その他エリア」カテゴリの記事