« 備中国総社宮・野俣神社(式内社)[岡山県総社市・備中國総社] | トップページ | 乎彌神社・乃彌神社[長浜市余呉町・式内社] »

利椋八幡神社・利椋神社[敦賀市阿曽・式内社・狛犬さんの宝庫]


敦賀市阿曽坐す、利椋八幡神社と利椋神社です。


利椋八幡神社:御祭神:應神天皇


ここのお社は狛犬さんの宝庫です。


まずは、思いっきり目玉飛び出してますタイプ。


前足部分、丁寧に修復されています。


第1組めから愛嬌あります。



台座の後部が丸くカットされています。そう、前方後円型。



ホンマに飛び出しています。





奉納されている灯籠の数もハンパない。



阿吽が左右逆の第2組。



横から見ると、狛犬というより蹲踞しているスフィンクス。








ドレッドヘアーといいましょうか、典型的な越前型、プレデターですね。



ちゃんと瞳が彫ってあります。狛犬というよりも鬼の凄み。




台座は、前後とも丸の小判型。




わざわざここまでやってきた甲斐があったというものですね。


さらに奥にお社があります。


延喜式神名帳:越前国敦賀郡:阿蘇村利椋神社:御祭神:利椋大神。











再び前方後円型台座の出目タイプ。








更にもう一組!!





そして、ブロンズタイプまでって、どんだけ防衛能力高いんだよ・・・。






カナリ風化が進んでいますが、立派に勤めています。




摂社末社には、カンバス地のカバーがされています。北陸地方では、このタイプの風雪除けが流行っているようです。



境内には大きな玉砂利が敷き詰められています。


土俵がありましたよ。



越前のお社には巨木が多いですね。


奉納された灯籠の多さが信仰の厚さを物語っているようです。


敦賀駅前から元比田行きのバスに乗って行きます。







バス停前の坂を下って行くと、旧道に出ます。敦賀方面は海際まで山がせり出しています。



こちらは、現在のバス道から北側の風景。


東側はコンナカンジ。


西側の眺めはコンナカンジ。山と海に囲まれた西向き緩斜面にある小さな集落にも式内社があるのが敦賀のスゴイところですね。








AZOと濁るのが正式な呼称のようです。しばらくすると、乗ってきた元比田行きのバスが終点から折り返してきました。これを逃すとバスは当分きません。

|

« 備中国総社宮・野俣神社(式内社)[岡山県総社市・備中國総社] | トップページ | 乎彌神社・乃彌神社[長浜市余呉町・式内社] »

福井県 嶺南」カテゴリの記事