« 蛭子神社[相生市・相生港] | トップページ | 御供田八幡神社[大東住道] »

佐用都比賣神社[佐用町・式内社]

兵庫県佐用郡佐用町に坐す、佐用都比賣神社です。


佐用都比賣神社
御祭神:市杵嶋姫命(狭依毘売命・佐用都姫・讃用都比賣命・玉津姫)
相殿:素盞嗚尊・大國主命・天児屋根命(春日)・誉田別命(八幡)


より大きな地図で 神萌神社MAP(兵庫県編) ‎ を表示


航空写真で見てみると、北側から伸びてきた尾根筋の先端部分にあるように見えます。






播磨国風土記の佐用都姫伝説のお社ですね。

讃容郷

所以云讃容者 大神妹妋二柱 各競占國之時 妹玉津日女命 捕臥生鹿 割其腹而 種稲其血 仍 一夜之間生苗 即令取殖
爾 大神勅云 汝妹者 五月夜殖哉 即去他處 故號五月夜郡 神名賛用都比賣命 今有讃容町田也
即鹿放山 號鹿庭山 々四面有十二谷 皆生鐵也 難波豊前於朝庭始進也 見顕人別部犬 其孫等 奉發之初

つまるところ、鹿の生き血で苗を育てて田植えをしたことによって、伊和大神に先んじてこの地の領有権を得たということでしょうか。

佐用都姫は、もともとは、玉津姫と呼ばれていて、この故事にちなんで、佐用姫となったことは理解できるんですが、それが、市杵嶋姫命(狭依毘売命)になってしまったところはイマイチよくわからないところではあります。

ところで、後段では、この辺りが鉄の産地であり、それを発見したのは、別部犬であるとしています。恐らくは、吉備の和気氏色が濃いエリアということでしょうか。

そうなると、鹿の生き血=赤い川・赤い水・・・砂鉄の発見ということかもしれませんね。



鳥居をくぐってスグ左に坐す、塩川神社。
御祭神:祓戸大神。





稲荷社。


神馬。






狛犬さんは備前焼。


若宮神社。
御祭神:高皇魂命


天満神社・三宝荒神社。



奥之院、伯母神社。
御祭神:天照皇大神



水神神社。
御祭神:弥都波能売神




本殿前の狛犬さん。元治2(1865)年(※4月7日から慶応)


井戸。



周囲には豊かな水田。


江川川にかかる佐用姫橋。


佐用川。


佐用駅からタクシーで1,000円弱。レシートに電話番号が印字されているので、迎えにきてもらうこともできます。

|

« 蛭子神社[相生市・相生港] | トップページ | 御供田八幡神社[大東住道] »

兵庫県 その他エリア」カテゴリの記事