« 茨木神社[大阪府茨木市] | トップページ | 感応殿[出石城跡] »

天石門別神社[式内社・大阪府茨木市]

大阪府茨木市に座す、天石門別神社です。




天石門別神社:天手力男命
配:天宇受売命・豊国神(豊臣秀吉)・東照神(徳川家康)

茨木神社の奥宮として境内に鎮座されています。

大同2(807)年、坂上田村磨が荊切の里を作った際、今は奥宮となっている天石門別神社が創建されたのに始まると伝えられる。当時は、現在の茨木市宮元町に鎮座していた。天石門別神社の名は、「延喜式神名帳」にも見える。楠正成が茨木城を築くに当たって現在の位置へ遷座し、以後代々城主の崇敬を受けた。

天石門別神

『古事記』の天孫降臨の段に登場する。邇邇芸命が天降る際、三種の神器に常世思金神・天力男神・天石門別神を添えたと記され、同段で天石戸別神は又の名を櫛石窓神(くしいわまどのかみ)、豊石窓神(とよいわまどのかみ)といい、御門の神であると記されている。天孫降臨の段に登場する神の多くはその前の岩戸隠れの段にも登場しているが、この神は岩戸隠れの段には見えない。

天石門別神は古来より天皇の宮殿の四方の門に祀られていた神である。天太玉神の子ともいう。

天石門別神(櫛石窓神・豊石窓神)を祀る神社に天岩門別神社(岡山県美作市)、櫛石窓神社(兵庫県篠山市)、大祭天石門彦神社(島根県浜田市)、天石立神社(奈良県奈良市)などがある。


境内にあった絵図(摂津名所図会が元絵)

摂津名所図会

天石門別神社:茨木庄にあり。延喜式出づ。この地の産土神とす。祭神豊磐間戸命。
茨木神祠:同所にあり。祭神中央:素盞鳴尊、左春日明神、右八幡宮。茨木庄内上中条・下中条の産土神とす。

現在の祭神は、天手力男命であるとされているけれども、かつては、社名のとおり、天石門別神(磐間戸命)を祀っていたようでもあります。

創建は、平安遷都後の大同2(807)年と伝わっていますので、時期的なことと、立地的なことを考えると、西国街道と淀川という、重要な陸路と水路の間にあって、茨木川も安威川を経て神崎川に至るし、元々の鎮座地は茨木城近くということになると、ある意味、皇都の最終防衛ラインとの位置づけであったのではなかろうかとか妄想してしまいますですね。

その後、戦乱の各時代を経るにあたって、門そのものの神よりも、力の象徴である神へとかわっていったんのではなかろうかとも思ってみたりします。

大同2(807)年、坂上田村磨が荊切の里を作ったとされていますが、坂上田村磨はなぜ、この地に天石門別神を祀ったのか、その理由はなんだったんでしょうね?







ともあれ、小さいながらも非常に立派な神明造のお社です。狛犬さんも誇らしげですね。


より大きな地図で 神萌神社MAP(大阪編) ‎ を表示

|

« 茨木神社[大阪府茨木市] | トップページ | 感応殿[出石城跡] »

大阪府」カテゴリの記事