« 常宮神社[敦賀市] | トップページ | 茨木神社[大阪府茨木市] »

新屋坐天照御魂神社(西河原)[式内:名神大・月次新嘗・就中天照御魂一座預相嘗祭]

大阪府茨木市に座す、新屋坐天照御魂神社(西河原)です。









天照御魂神(天照国照彦火明大神)・[荒魂]
相殿:天児屋根命・建御名方命(春日?)


第10代崇神天皇の時代の創祀。西福井の新屋坐天照御魂神社から、神功皇后時代に分祀したという伝承がある。



境内社
東之神社:八幡神・住吉神・磯良神
須佐神社:速素盞嗚尊
稲荷神社:宇賀御魂神






頭頂部がやや平らな歯並びのよい狛犬さんですね。

阪急総持寺駅から、道なりにだらだら坂を上っていくと、国道171号線によって分断されてしまったように社叢があります。

この坂をさらに上れば、太田茶臼山古墳と今城塚古墳があり、いずれかが継体天皇三島藍野陵であろうということで、このあたりも神功皇后伝承の所以になっているのかもしれません。

茨木には新屋坐天照御魂神社が3社あって、いずれもが、旧西国街道にほど近い場所に鎮座されているのも何か理由があるのかもしれません。また、それぞれが、安威川・佐保川・勝尾寺川といった、かつての氾濫原を形成した河川とも関係がありそうです。この坂道自体も旧河道であったのではなかろうかと思います。さらに、だらだら坂を東に下って行けば、淀川があり、その対岸は、枚方、その北には、継体天皇の即位した樟葉宮がありました。

|

« 常宮神社[敦賀市] | トップページ | 茨木神社[大阪府茨木市] »

大阪府」カテゴリの記事

神功皇后伝説」カテゴリの記事